忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長らくサボっていたPMの記事を一気に書きます、パート3。
ふたつの道、ウィンダス編。

Ioth080521_06.jpg

ほのぼのしちゃうね。
実際に目の前に現れたら多分張り倒すけど!(´∀`)
この子達の父親探しは、単に飯をたかる為の方便にしか聞こえないw
30年前の北調査隊の聞き込みに来たのに、
この子達の標的にされた水の区の金持ちタルタルに、

<わしがあいつらの父親でないことを証明するためには、再生の鏡が必要だ!
<だが鏡は壊れてしまっている! 直すには再生の羽が必要だ!


・・・ということで、偶然その場に居合わせてしまったがために
アットワの山頂までそれを取りに行く羽目になりましたとさ。
再生の鏡ってのは、記憶を映し出すとか何とか。



こっからはLSメン'sで挑戦です。
というか道知ってるのわたしだけらしいので、道案内を兼ねて。

まずアットワに飛んで、山登り手前の地面を調べ、アントリオンと戦闘です。

これをやるのは3度目です。
1度目は初期LSのガル忍75さんのお手伝いで、
ファーストキャラの最高レベルが55前後の時に行った気がする。
当時は75持ちなんて今ほど多くもなく、55とかでも戦力になったんですねぇ。
2度目は、ファーストキャラの自分のミッションで、赤ソロりました。

どちらにも言えたのは、すぐに初期位置に戻ってHP全快しやがるのが厄介。
とりあえず初期位置から引き離して、グラビデ入れて~
等をして、戻るのを阻止するのが重要だと思いました。
なので今回もそれなりに引き離して、グラビデも入れ貰ったのですが。


アッサリ勝利。


杞憂でした。なにこの数の暴力w
レベル45~68のPTだったのですが、7~8人いると早いですねw

そして再難関の山登りへ。

Ioth080521_07.jpg

なぜかサソリが着いてきてるのはご愛嬌。
道案内のわたしが途中で落ちるところを間違えてしまい
それについてきた人と、落ちる手前で待ってた人、
そこから自力で登山に挑戦した人で命運が分かれてしまいました。

ついてきた人・待っててくれた人は、合流してから山頂に到着。
しかし自力で行った人3名のうち2名は盛大に彷徨うこととなりましt
そして再生の玉の光もどんどん弱く・・・。

が、何とか合流できまして、再生の玉も取り直して、全員山を制することができました!
1回目に間違わなければ、すんなり終わったのにね・・・ごめんね(つД`)

Ioth080521_08.jpg

いつもの記念写真。
クールに決めるタルタル、盾を構えるにゃんこ、スカートに潜り込むヒュム、
サソリに食われるエロメス、早退して写っていないヒュム学。

ど真ん中でSS撮ったことってないので、SSの撮り易さに愕然としましたw
でもこんな風に撮られるほうが好き。↓

Ioth080521_09.jpg

まぁアレだ、早退したヒュム学さんの代わりってことで!
髪の色違うだけだしね!(右上)



以下は、ストーリーについてちょこちょこネタバレ
ストーリの覚書というやつです。(´_ゝ`)

で、山頂で再生の玉をトレードして出来た再生の羽根x3を
金持ちタルタル・・・ではなく、ヨランオランに持っていき、待つことしばし。

待ってる間に、タルタル3人組のお父ちゃんはカラハバルハという事になっていた。
そして次に、ナグモラーダがジュノの偉い金持ちであることを知り、
タルタルだったら父ちゃんだったのになぁ、という理由でジュノに行くことに。
ヨランオランが再生の鏡を修理し終わった時には、彼らはすでに消えていたとさ。

肝心の北方調査隊については、「よく分からない」そうだ。
そもそも調査隊が組まれたのは、バストゥークに色々動きがあったからだとか。
ふむ、バスが怪しいのか。

というところでウィンダス編終了。サンドにも行ってみよー。


***


30年前、サンドリアは北方に「楽園の扉」を求めた、という話になっているらしく、
なぜか「楽園の扉」についての話を聞きたがっているウルミアと一緒に
大聖堂の講和会に出る羽目になりました。プリッシュ探してたんじゃないのか。


Ioth080521_10.jpg人は「楽園の扉」を求めたがゆえに、男神の呪いを受けたと言われているのに
それを開こうとするのは何故? 男神の怒りを静める方法を見つけたのですか?


Ioth080521_11.jpg私利私欲を捨て、神に帰依せよ。それこそが男神の怒りを静める道。
詳しくはWebで。


Ioth080521_10.jpg男神が人にかけた呪いは、どのように解かれるのですか?

Ioth080521_11.jpg忌むべき神については、軽率に語ることを許されておりません。
北方調査隊のフランマージュ・M・ミスタルの領地なら、ギルド桟橋でしたよ。



ギルド桟橋に行くことになり【マスター】。
そこではフランマージュ家の使用人にモルボルを仕掛けられましたが、
75のお供付きでは【練習相手になりません。】
60ちょいの黒ソロじゃ、ヤバいかもしれないけど。


颯爽と登場したフランマージュの孫【首】が、祖父は不名誉な死を遂げた、と言うが
あれよね、三国ミッションで他国の調査員を監視するために北に行ったエルよね?
国に戻ってきた後は、何故かボストーニュ監獄で「うあああ」と死んだ・・・

不名誉っていうか。

まぁいいや。
北方調査=楽園の扉調査ならば、当時の教皇と縁のある
カッファル伯爵夫人なら何かしってるかもーとのことで、南サンドの最西へ。


夫人は、30年前はラヴォール村に住んでたそうな。
20年前だとあんなにボロボロなのにね・・・30年前だと綺麗だね(つД`)

ウルミアとカッファル夫人も20年ぶりの再会だそうだが、
そうか、ウルミアは25歳ぐらいかしら。


サンドリアの「楽園の扉」の逸話は、酷い出来だ、どうなっているんだ
と問うウルミアに、真実では人は救えないと返す夫人。

Ioth080521_10.jpgも、他人を救うには真実を知ることも大切だって、
死んだじっちゃんが言ってた!


20年前の真実↓
「真実を手放さざるを得なかった」
ミルドリオン枢機卿、爵位を返上。
ルーヴランスが、ミルドリオンを捜索している。


***


バストゥークでは、シドが北方調査の発案者だと自白。
北に大いなる力が眠っているとの確信があっての発案だったが、
結局何も見つからないまま、ラオグリムやコーネリアを失った。

だがその大いなる力=魔晶石は、
ジュノが作っている飛空艇の原動力となるもの。
ジュノは北の魔晶石を発見しているのかもしれない。
→見つけてることは三国には秘密にしてあると、エシャンタールが言ってた。

魔晶石は、「タブナジアの魔石」と呼ばれるものの欠片?
タブナジア=プリッシュに聞け!=ジュノへ


***


ジュノでは、ナグモラーダとタルタルx3が不穏な動き。


「タブナジアの魔石」については、ウルミアは知らなかった。
が、天晶堂のアルドが知っていた。
20年前に獣人たちに持ち去られた、門外不出の危険な石だそうだ。
三国ミッション4のアレとは関係ないんでしょうか?(´_ゝ`)

プリッシュが倒れたとの報告を聞き、上層の裸医者の元へ。
彼女が「世界の終わりに来る者」とうわごとを言っていたり
彼女のアミュレットがなくなっていたので、少年から貰ったヤツを貸したり
その少年がボスティン氷河のソ・ジヤ遺跡で発見されたとの情報を得たりして
次に目指す場所がハッキリしました。

次回、「夢で会いましょう」
お楽しみに!

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profile
お絵かき&自己満ブログです。
FC2より移転してきました。
'07年以前の画像は、一部を除き表示されません。
※開通済みカテゴリ⇒イラスト・未分類・ナイト・踊り子・ジラート・アトルガン・アルタナ・クエスト・リアルネタ話

Profile
>>>メリポ状況
>>>装備品取得状況

Profile
>>>メリポ状況
New comment
[11/28 おみや]
[11/28 みる]
[06/23 ふぇむ(管理人)]
[06/23 みる]
[05/19 ふぇむ(管理人)]
[05/19 ふぇむ(管理人)]
[04/27 レックス]
[02/01 くど(すが4)]
Category
'07年以前の画像は、一部を除き表示されません。
※開通済みカテゴリ⇒イラスト・未分類・ナイト・踊り子・ジラート・アトルガン・アルタナ・クエスト・リアルネタ話

Reference
FFXIお勧め商品
Twitter
Bookmark
FFやゲーム関連ブログのみ、リンクフリーとさせて頂きます。アダルト・宗教関係はお断り致します。
FFやゲーム関連ブログのみ、リンクフリーとさせて頂きます。アダルト・宗教関係はお断り致します。
Trackback People
疑似インラインフレーム








ヒュムF4♂
エル♀
踊り子
五蛇将
がだらるw
ビシージ
捕虜救出
アサルト
カンパニエ
ネタ話

Word ranking
レンタルCGI
Counter
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]